インテリジェントアベイラビリティ – 信頼性と設計

全てがクラウドに属しているわけではありません。.
企業、政府、NGO、産業においては、ITインフラストラクチャをある程度、社内に持っていなければなりません。セキュリティの強化や不適切なインターネットアクセスの防止がオンプレミスのインフラスト
自己ホスト型サービスにおいて、従来のハイアベイラビリティ(HA)プラットフォームでは、

クリテイカルなサービスを必要十分に保護することができません。 これらのHAシステムでは、リスクを軽減するために人手による介入が必要です。 同時に単一障害点を持っています。 これらの理由で、企業、組織が、よりスマートなレベルの可用性に特化したインテリジェントなソリューションを探すようになりました。
インテリジェント・アベイラビリティは、信頼性、可用性、および保守性の新しい基準を設定する新しい技術です。 従来のHAシステムがカバーしている範囲と要求されている機能のギャップを埋めます。

次の3つのインテリジェント・アベイラビリティーの基本機能により、予測可能なホストのアプリケーションのパフォーマンスが常に実現されます。

1. 自律インフラストラクチャテクノロジ

インテリジェントなソフトウェアは、リスクを予測し、かつ、自律的に原因を特定してしリスクを低減します。
•  人手の介入を排除します。 – 人為的ミスの可能性がなくなります。
•  プロアクティブスキャン – ハードウェアまたは環境のリスクを予測し、事前にリスクを軽減します。
•  管理の簡素化 – システムは自律的に機能し、ITチームがより付加価値の高い仕事に集中できるようになります。

2.  拡張スタックレジリエンシー

電源、ネットワーキング、周辺インフラストラクチャを含め、すべてのコンポーネントが故障する可能性があります。

  •  完全な冗長性 – トップからボトムまでのハードウェア冗長性と3つの独立したデュアルボンディングネットワーク。 ストレージは両方のノードで同期レプリケートされます。 電源も冗長化してあります。
  • 適切なプロビジョニング – 正常および劣化したハードウェア動作状態で、プラットフォームのパフォーマンスと効率を最大限に引き出し続けます。
  • • 基本のインフラストラクチャ(UPS、PDU、スイッチなど)を区画化する – 複数のコンポーネントで障害が発生した場合の異常停止範囲を制限します。

3.  故障への対処から復帰まで対応

インテリジェント・アベイラビリティシステムは、リカバリ時でも通常の業務が続けられるようにします。

  • 電気および機械部品の絶縁 – 損傷した部品は、可用性を維持しながら、すべて取り外して交換することができます。

 

© 2018 Alteeve's Niche! Inc., Toronto, Ontario, Canada

Log in with your credentials

Forgot your details?